未分類

前立腺肥大症

前立腺肥大症について|いしい内科・糖尿病クリニック|岩手県盛岡市

前立腺肥大症は主に泌尿器科で治療しますが、軽症であれば内科でも治療を行います。

当院の前立腺肥大症の治療について紹介します。

前立腺肥大症の治療

α1受容体遮断薬

シロドシン(先発名ユリーフ)

シロドシン

シロドシン(先発名ユリーフ)(4mg) 2錠/2×朝・夕食後

シロドシン(先発名ユリーフ)

シロドシン(先発名ユリーフ)(0.2mg) 1錠/1×朝食後

ナフトピジル(先発名フリバス)

ナフトピジル

ナフトピジル(先発名フリバス)(25mg) 1錠/1×朝食後

5α還元酵素阻害薬

デュタステリド

デュタステリド(先発名アボルブ)(0.5mg) 1錠/1×朝食後

ホスホジエステラーゼ5阻害薬

ザルティア

ザルティア(5mg) 1錠/1×朝食後

前立腺肥大症とは

年をとるにつれて前立腺が次第に大きくなり、尿道を圧迫して尿が出にくくなる病気を前立腺肥大症といいます。通常の前立腺の大きさはクルミ大くらいで、これが肥大してくると鶏卵大以上になり、症状が進むと尿が出なくなることもあります。

☞初めて受診する方へ

☞看護師・准看護師募集

盛岡バスセンター近くの消化器内科|いしい内科・糖尿病クリニック

Leave a Reply

Your email address will not be published.